脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎分離症を得意とする治療院です。スポーツ障害、成長痛、アレルギー改善もお任せ下さい。

幼児の抜けた肘(肘内障)

  • HOME »
  • 幼児の抜けた肘(肘内障)

肘内障は子供の手を引き過ぎたり、子供が手をついた時などに発生します。

抜けたままの状態ですと痛みが強く、腕が使えません。

治療によって、抜けた状態を入れてあげる必要があります。

 

肘内障の治療(整復)も施術者の技術と経験による差があります。

痛かったり、なかなか入らなかったり、時には骨折しているのを誤診したり・・・です。

当院は肘内障の治療経験も豊富で成功率もとても高いので、安心してご来院下さい。

 

当院では幼児の抜けた肘に限り、健康保険を適用しています。


当院で肘内障の治療を受けて元気になったR君です。

 

1回の整復でスムーズに回復しました。

このお嬢さんも1回の整復で回復しました。
泣いていらっしゃいますが、整復の際はびっくりと少しの痛みです。
入ってしまうとその後は痛みがなくなりケロッとされますので、ご安心ください。

inannai

 

2013年以前のカーナビ地図は 住所:蓮田市馬込1741 で検索して下さい。

埼玉県蓮田市馬込1-2

予約制ですのでご連絡下さい。 TEL 048-764-3457 施術時間 午前9:30 - 12:30
       午後16:00 - 19:30
       (土日祝は17:30まで)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
Copyright © あや整骨医学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.